投資実績(1号ファンド)詳細

株式会社ドラッグイレブンホールディングス
(株式会社ドラッグイレブンの純粋持株会社)

ビジネス概要 1989年に鹿児島で設立され、九州・沖縄を中心に175店舗(2006年3月時点)のドラッグストア・調剤薬局を展開。ディスカウント型のドラッグストアとは一線を画し、「お客さま志向」と「カウンセリング重視」を強みとした「健康と美容の専門店」。
投資概要 セカンダリーバイアウト、MBI
既存株主からの株式買取
投資のテーマ 前スポンサーの元での事業再生の段階から新たな成長フェーズへ移行するに際し、事業基盤の更なる拡充・強化に向けて成長戦略の積極的推進をサポートし、企業価値の増大化を企図
EXIT概要
Exit時期
2007年5月
Exit方法
九州旅客鉄道株式会社(JR九州)への保有全株式のトレードセール
Exitのポイント
投資後1年強をかけて経営基盤の強化、急速な収益性の改善を実現し、今後の成長軌道を定着化。鉄道事業・博多駅開発事業に加え流通事業を3本目の事業の柱と位置づけるJR九州にとっては、当社買収は戦略上重要である一方、当社にとっても、JR九州とのタイアップによるより収益性の高い新規出店戦略の実行、財務戦略上でのJR九州の信用力の活用等が可能。

一覧へ戻る

PAGE TOP