マネジメントメッセージ

<!--木村 雄治-->

ポラリスは、昨年末に国内外投資家を対象として第5号ファンドの募集を開始致しましたが、新型コロナウイルス感染症の影響で資金調達活動が阻害されたものの、本年11月に過去最大規模となる1,500億円で募集を完了致しました。既存の投資家様に加え、このたび多数の国内外の新規投資家様に足許のコロナ渦の難しい環境下で応募を頂きましたことは、創業者と致しまして身に余る光栄であります。第5号ファンド募集完了によりまして、累計額3,500億円規模の投資ファンドを設立したことになります。2004年創業から15年で5度に亘る資金調達に成功し、今日日本バイアウト業界のリーディングファームとしての確固たる地位を築くことが出来ましたのもひとえに皆様のご支援の賜物だと深謝申し上げます。

ポラリスは創業以来、一環してオーナー事業承継と大企業からの子会社・事業部門の切り出しを主たる投資テーマに30件以上の投資実績を積み上げて参りましたが、新設ファンドにおいても、これまで同様のコンセプトを踏襲し、グローバルに通用する技術・特許を有する製造業や、日本に強力なブランドを持ち海外展開のポテンシャルを有する消費財、小売・流通、サービス業に対する投資活動を積極化してまいりたいと存じます。

日本企業、とりわけ中堅企業には、潜在的成長力がありながら周囲を取り巻くしがらみの中で持ち味を発揮できていないところが数多く存在します。ポラリスは、こうした企業に対してスポンサーとして参画することで固有のしがらみを取り除き企業が更なる進化を遂げるようデジタルトランスフォーメーションを含めたビジネスモデルイノベーションを促進してまいります。事業財務構造の見直しあるいは経営の在り方等についても提案し、企業が経営を安定化させ企業価値を増大することができるようあらゆる視点から最大限お手伝いさせて頂きます。同業では唯一大阪支社を有する利点を生かし関西地域の投資案件にも注力してまいりたいと思いますし、投資先企業に対してはシンガポール現地法人を介して投資先企業のグローバル展開を支援させて頂く所存であります。

投資を通じて日本独自の技術力やブランド力をグローバル市場に拡げ、ファンドを介してマネーフローを新しく創出することで、日本経済の活性化を図りつつ社会的な貢献を行っていくことがポラリスの使命であります。プライベートエクイティ業務におけるマーケットリーダーとして、真摯かつ公正な仲介者たる本分をわきまえ、顧客に対して最善かつ付加価値の高いサービスを提供することで、我が国の経済・社会に貢献しつつ、ポラリスで働く個々人の幸福や生きがいを実現していくことを経営理念として、今後とも業務に一層邁進してまいりますので、何卒お引き立て賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

2020年12月
ポラリス・キャピタル・グループ株式会社
代表取締役社長 木村 雄治

PAGE TOP