投資委員会

木村 雄治

代表取締役社長

東京大学教養学部卒業
米国ペンシルバニア大学ウォートン校 MBA(1991年)

日本興業銀行にて、国内外取引先向けコーポレートファイナンスを担当。海運企業向け融資業務に従事した折に日本初の船舶ファイナンス流動化を成功させる。金融証券制度改革メンバーとして興銀証券設立の中心的役割を果たした後、同社において社債引受を担当。株式引受免許取得後直ちに同社資本市場グループコーポレートファイナンス部エクイティキャピタルマーケット室長に就任し、株式引受業務を本格的に立ち上げる。その後みずほ証券プライベートエクイティ部長として自己勘定投資をベースとした未公開株式投資業務を立ち上げ、2004年9月ポラリス設立と同時に同社代表取締役副社長に就任。2006年6月同社代表取締役社長に就任、経営全般を統括しつつ投資活動の前線に立つ。投資委員会委員長。一般社団法人日本プライベートエクイティ協会理事。

兼務
株式会社ファクトリージャパングループ取締役
株式会社Aimedic MMT取締役
淀川変圧器株式会社取締役
AIメカテック株式会社取締役
株式会社ノバレーゼ取締役
株式会社BAKE取締役

木内 則雄

社外取締役

京都大学法学部卒業
米国スタンフォード大学経営大学院MBA(1978年)

1972年日本開発銀行(現日本政策投資銀行)入行。本店、高松支店、大阪支店等で融資・審査業務等に従事した後、財務部長、高松支店長等を歴任。その後、財団法人日本経済研究所専務理事・調査局長を経て、2001年ジョンソンディバーシー株式会社に入社。グループ会社であるティーポール株式会社の理事・経理部長、大三工業株式会社の取締役社長等を経て、2006年グループ4社(ジョンソンディバーシー、ジョンソン・プロフェッショナル、ティーポール・ディバーシー、大三工業)の代表取締役CEOに就任。グループの総合力を生かした成長戦略の立案・実行、ビジネスプロセスの効率化とコスト競争力の強化をリード。2006年8月退任後、株式会社みどり合同経営パートナーに就任。2012年12月ポラリス社外取締役就任。投資委員会委員。

飯沼 昭

パートナー
投資グループ長

東京外国語大学外国語学部卒業
米国コーネル大学経営大学院 MBA(1999年)

日本興業銀行にて国際金融業務、興銀証券資本市場グループにて社債引受業務(国内の食品、流通業界及び海外の政府系機関等を担当)に携わった後、みずほ証券アドバイザリーグループにて金融、エネルギー、非鉄等の業界に関わるM&Aアドバイザリー業務に従事。その後、みずほ証券投資銀行グループ(食品、小売、通信、メディア業界を担当)を経て、 2004年11月ポラリス参画。2008年4月よりパートナー兼投資グループ副グループ長。2011年4月よりパートナー兼投資グループ長。投資委員会委員。現在は、株式会社江戸一、LYKAON株式会社及びハイビック株式会社への投資を担当。エグジット済み投資案件では、株式会社スマイル、株式会社ドラッグイレブンホールディングス、トップツアー株式会社、株式会社オークネット、昭和薬品化工株式会社、関東運輸株式会社、株式会社VOYAGE GROUP、株式会社ソシエ・ワールド及びクリーンサアフェイス技術株式会社への投資を担当。

兼務
株式会社江戸一取締役
LYKAON株式会社取締役
ハイビック株式会社取締役

密田 英夫

パートナー
IRグループ長/
企画管理グループ長

東京大学経済学部卒業
米国スタンフォード大学経営大学院MBA(2002年)

日本興業銀行産業調査部にてエレクトロニクス業界を担当後、同部事業金融開発チームの立ち上げに参画し、数多くの財務戦略アドバイザリー案件を手がける。2002年よりみずほコーポレート銀行ニューヨーク拠点にて米国企業向けワークアウト業務、レバレッジドファイナンス業務等に従事。その後みずほフィナンシャルグループ グループ戦略部(証券戦略担当)を経て、2006年7月ポラリス参画。2011年4月よりパートナー。2014年4月よりIRグループ長、2016年4月より企画管理グループ長を兼任。投資委員会委員。現在は、株式会社ベストランド(旧株式会社マイランド)、株式会社Aimedic MMT及び淀川変圧器株式会社への投資を担当。エグジット済み投資案件では、株式会社ドラッグイレブンホールディングス、大興製紙株式会社、キューサイ株式会社、株式会社キューサイ分析研究所及びSFPダイニング株式会社への投資を担当。

兼務
株式会社ベストランド(旧株式会社マイランド)取締役
株式会社Aimedic MMT取締役
淀川変圧器株式会社取締役

山田 純平

パートナー

早稲田大学商学部卒業

株式会社レコフにて、総合電機、電子部品、電子材料、精密機器メーカー等のエレクトロニクス/テクノロジーセクターを中心としたM&A戦略立案/案件創出から実行支援を含むアドバイザリー業務を手掛ける。また、バイアウトファンド、不動産ファンドによるM&A案件にも関与。2007年4月ポラリス参画。2016年7月よりパートナー。投資委員会委員。現在は株式会社ベストランド(旧株式会社マイランド)、株式会社ファクトリージャパングループ、AIメカテック株式会社、ハイビック株式会社及び株式会社BAKEへの投資を担当。エグジット済み投資案件では、株式会社スマイル、トップツアー株式会社、昭和薬品化工株式会社及び関東運輸株式会社への投資を担当。

兼務
株式会社ベストランド(旧株式会社マイランド)取締役
株式会社ファクトリージャパングループ取締役
AIメカテック株式会社取締役
ハイビック株式会社取締役
株式会社BAKE取締役

関端 進

パートナー

一橋大学経済学部卒業
米国スタンフォード大学経営大学院MBA(2001年)

三菱商事株式会社資材本部セラミックス・ミネラル部にて、ブラジル産鉱産物の輸入内販業務及び同国現地資本との合弁鉱山開発会社への投融資に従事。その後、ホームセンターの株式会社ケーヨーへの出向を経て、2002年にレッド・ダイヤモンド・キャピタル(三菱商事の米国バイアウトファンド運営会社)に設立メンバーとして参画し、ヘルスケア、食品、工業製品分野における投資を主導。2007年に米系PEファンドのベスター・キャピタル・パートナーズの日本法人設立に参画、投資案件ソーシングに従事。2009年7月ポラリス参画。2016年7月よりパートナー。投資委員会委員。現在は株式会社江戸一、LYKAON株式会社、株式会社Aimedic MMT及び株式会社ノバレーゼへの投資を担当。エグジット済み投資案件では、キューサイ株式会社、株式会社キューサイ分析研究所、日本オイルポンプ株式会社、SFPダイニング株式会社及び株式会社ソシエ・ワールドへの投資を担当。

兼務
株式会社江戸一取締役
LYKAON株式会社取締役
株式会社Aimedic MMT取締役
株式会社ノバレーゼ取締役
PAGE TOP