投資実績(3号ファンド)詳細

クリーンサアフェイス技術株式会社

ビジネス概要 1977年に国内初のマスクブランクス専業メーカーとして創業以来、国内外の有力マスクメーカーを顧客として、液晶(LCD)、半導体・パッケージ、タッチパネル、プラズマディスプレイ(PDP)を中心とした様々な用途のマスクブランクスの製造・販売を行い、各用途分野で高いシェアを誇る。フラットパネルディスプレイ(FPD)の高精細化進展等により、同社が強みを有する高品質・高付加価値マスクブランクスへのニーズの更なる拡大が期待されている。
投資概要 オーナー事業承継型
既存株主からの株式買収
投資のテーマ ポラリスの豊富な事業承継案件並びに製造業案件の経験から得たノウハウをもとに、円滑な事業承継と、グローバルな成長戦略の推進を支援。営業・生産・技術開発体制の強化や海外事業展開加速、並びにそれを支える経営管理・事業管理体制の高度化を推進し、企業価値向上を図る。
EXIT概要
Exit時期
2017年2月
Exit方法
三井松島産業株式会社に対する全保有株式のトレードセール
Exitのポイント
投資後に、創業オーナーからの経営承継のため、社長を含めた複数の経営管理人材の投入等を通じて、上場にも耐えうる経営管理体制の強化を実現。また、プロパー社員の積極的な経営陣への登用と、外部人材の積極的な採用を通じて技術レベルの底上げを図ると共に、品質の更なる改善に向けた設備投資の実行や販売管理システムの刷新による経営の見える化推進等、今後の成長に向けたインフラの整備を実施。EXIT後は三井松島産業株式会社の傘下で、同社グループの事業の柱の一つとして、マスクブランクス業界に於ける独立中立のポジショニングを維持しながら更なる企業価値向上を図る。

一覧へ戻る

PAGE TOP
>