投資実績(2号ファンド)詳細

関東運輸株式会社

ビジネス概要 チルド温度帯での食品輸送業者として北関東を中心に、強固なネットワークと優良な顧客基盤を有し、近年は積極的な拠点展開やM&A手法の活用により、東北地域や大阪、九州に拠点網を拡充。全国規模の大手チルド物流プレーヤーの一角を占める。
投資概要 オーナー事業承継型
既存株主からの株式買取
投資のテーマ 既存の営業及びM&Aを通じた拡大戦略を継続し、業界大手プレーヤーとしての確固たる地位を構築すると共に、全国規模の事業者としての経営管理体制の構築及び“経営の見える化”による最適化・合理化を図ることで、企業価値向上を目指す
EXIT概要
Exit時期
2015年6月
Exit方法
セイノーホールディングス株式会社、株式会社日本政策投資銀行及び株式会社刈田・アンド・カンパニーが共同で出資し設立した株式会社KSK ホールディングスに対する全保有株式のトレードセール
Exitのポイント
投資後に、複数の人材投入等を通じて、予実管理の導入と日計収支や施策工程表による経営管理体制の高度化、管理社員に対する人事評価制度と業績賞与の導入、ドライバーのリテンションと採用促進を図る新人事制度や採用施策の推進、グループ連携を促進する事業部制の導入、営業や配送等グループ全体を横串で統括しサポートする仕組みの構築等数多くの施策を実行することで、業界他社と比較しても高収益でありかつ独自の存在感が発揮できる優良企業に進化。EXIT後は、事業会社と国内金融投資家との共同投資の枠組みの中で経営の自由度・独立性を維持しつつ、国内の物流大手企業として圧倒的なリソースを有するセイノーホールディングス株式会社との様々なシナジー効果を享受し、更なる企業価値向上を図る。

一覧へ戻る

PAGE TOP